• ホーム
  • 会社概要
  • 地盤置換工法コロンブス
  • 減災・制振工法マゼラン
  • 制振ゴム接合金具コンパス
  • 施主様へ
  • 資料ダウンロード
制振ゴム接合金具コンパス
  • コンパスとは
  • コンパスの特徴
  • コンパスの効果
  • 振動吸収の方法
地盤置換工法コロンブス
減災・制振工法マゼラン
制振接合金具コンパス
無薬殺菌プラント極浄水
技術シーズ一口メモ
施工・採用実績
資料ダウンロード
メールでのご相談・資料請求

制振ゴム接合金具コンパスの特長

特 長

特長1   地震による建物の揺れを低減し倒壊・大破を防ぐ

コンパスのゴム部分が地震エネルギーを吸収します。建物の大破や倒壊は、柱や梁の接合が機能しなくなる事が大きな原因ですが、コンパスは大きな地震でも他の金物に見られるビスの抜けなどが発生しません。接合の役目を果たし続けることで、建物を守ることができます。
屋根部分との接合部分の強度不足や揺れ対策の補強に用います。

特長2   日常で発生する振動を低減する

日常発生する様々な振動(交通振動、強風、階上の居住者が起こす振動など)を、柱と梁などの接合部分で吸収し、不快感を和らげる効果があります。

特長3   デザインを妨げない

耐震補強部品の多くは壁を設けて設置されるため、壁が多くなりがちです。コンパスは、柱や梁などからはみ出すことなく取り付けるため、新たに壁をつくる必要がありません。よって、窓などの開口部分を十分に確保することができます。開口部が多く耐力が不足しがちな日本家屋特有の構造の補強方法として最適と言えます。

特長4   様々な条件下で設置できる

独立柱も補強することができます。また、1階柱・梁と2階柱部分、2階柱・梁と3階柱部分など異なる階に連続した接合ができます。さらに、枠組壁構法においては、帯金物の代わりに下枠材・床組材・上枠材の連結の役目を果たすことができます。

特長5   取り付けが容易で設置は新築以外にも

他の耐震補強部品は壁などをつくらなければ設置できないものがほとんどですが、コンパスはその必要はありません。また、取付け部材や下地の加工もいらず、柱や梁などに直接木ビスで固定するので木のやせに関係なく、ゆるまず固定します。だから、新築だけでなく既存の建物を補強することも容易です。

特長6   コストが安い

新たに壁を作る必要がなく、設置が簡単なので、他の制振装置より1個当りのコストが大変安くなります。

【 コンパス取り扱いのご留意事項 】

1.耐震のための改修に用いる場合は、現在の構造材が健全であることを確認してください。
2.ビスの部分に節がある場合は、キリなどで先に穴を開けてください。
3.金属部分にキズを付けないようにしてください。万一、キズを付けてしまった場合は
   防錆塗装などを施してください。