• ホーム
  • 会社概要
  • 地盤置換工法コロンブス
  • 減災・制振工法マゼラン
  • 制振接合金具コンパス
  • 施主様へ
  • 資料ダウンロード
減災・制振工法マゼラン
  • 減災・制振工法マゼランとは
  • 木造用マゼラン
  • 鉄骨造用マゼラン
地盤置換工法コロンブス
減災・制振工法マゼラン
制振接合金具コンパス
無薬殺菌プラント極浄水
技術シーズ一口メモ
施工・採用実績
資料ダウンロード
メールでのご相談・資料請求

減災・制振工法マゼランとは?

倒壊防止、耐震建物から財産保持、企業継続計画に優れた減災建物への補強技術です。

マゼランは鉄骨建物と木造建物を地震被害(大破や倒壊)から守ることはもちろんのこと、非構造部材の損傷をできるだけなくし、財産保持や企業事業計画に優れた多機能減災補強部材として開発しました。
マゼランの耐震要素は、

  • エネルギー吸収(発泡ポリプロピレンまたは低降伏点鋼[LY鋼])
  • 揺れに依存しない素早い復元力(板ばね)
  • 繰り返し地震への耐久性(板ばね)
  • 靱性(粘り強さ)の高い剛性

の優れた要素を持ち、現在の建築基準法の基本的な耐震性能を上回る、安全、安心な建物に用います。
マゼランには建物のデザインを妨げない方杖(ほうづえ)方式と、マゼラン1個当たりの耐震要素が高いブレース[木造用では筋交い(すじかい)]方式があります。


マゼランの種類

マゼランには大きく分けて、木造用と鉄骨造用の2種類があります。

木造用マゼラン : 住宅性能表示等級3以上の性能を求めています

取付け方法により、方杖(ほうづえ)方式と筋交い(すじかい)方式があります。
木造用マゼラン方杖方式には、T、A、Bの3タイプがあり、エネルギー吸収材は発泡ポリプロピレンを使用しています。
木造用マゼラン(方杖方式)は2012年度グッドデザイン賞を受賞しました。 ⇒ 資料はこちら
木造用マゼラン筋交い方式は鉄骨造用マゼランWBBタイプを用い、エネルギー吸収材は低降伏点鋼を使用しています。

木造用マゼランの詳細情報

鉄骨造用マゼラン : 重要度係数1.5以上の性能を求めています

鉄骨造用マゼランの詳細情報

中規模建物用のSBBタイプ、小規模建物用のBWBタイプ、木造建物兼用のWBBタイプの3タイプがあります。
耐震要素のうち、エネルギー吸収部分と剛性を高める部分は低降伏点鋼が機能します。
建物の変形に対し、揺れに依存しない復元力や繰り返し地震への耐久性は、板ばねが機能します。
防火対策に材料はすべて不燃材(鉄)を使用しています。

鉄骨造用マゼランは2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。 ⇒ 資料はこちら