• ホーム
  • 会社概要
  • 地盤置換工法コロンブス
  • 減災・制振工法マゼラン
  • 制振接合金具コンパス
  • 施主様へ
  • 資料ダウンロード
お知らせ
地盤置換工法コロンブス
減災・制振工法マゼラン
制振接合金具コンパス
無薬殺菌プラント極浄水
技術シーズ一口メモ
施工・採用実績
資料ダウンロード
メールでのご相談・資料請求

お知らせ(2011年)

  • 2011/12/13
  • 事業者・設計事務所・建設業者様への提案について
    クリーンルーム・食品加工場・冷凍冷蔵庫を対象とした省エネルギー(電力削減)、ならびに地震対策 建物を複合的に行う「設計・施工」等、 新築建物について提案することが可能となりましたのでお問い合わせください。
    問合せ担当 中村 拓造・金澤
  • 2011/07/28
  • 1.省エネ技術のお知らせ
    5月25日「お知らせ」しました、「地盤置換工法の蓄熱効果と地熱利用に関する研究」の成果として、「暖冷房費を大幅に削減」する成果が実施建物にも証明できたことを受け、「床部分の熱損失計算と躯体蓄熱の設計施工方法」についてご提案できる体制が整いましたので、「コロンブス工法」概算見積ご依頼のときにお申し付けください。
    2.住宅地の液状化対策について
    「コロンブス工法」の概算見積ご依頼のときに添付していただく、地盤調査報告書で「液状化の判定」がされた場合は、液状化対策の設計施工方法を採っております。液状化の検討をしていない地盤調査報告書の場合はご相談ください。
  • 2011/07/08
  • 省エネ技術が特許になりました。
    「地中熱交換器埋設構造」
    これは地中熱を利用して、冷暖房費を大幅に縮減する基本的な特許です。
    地中熱採熱パイプのための井戸は掘らずに、水平に埋設します。
    その結果、地中の熱交換器を埋設する施工性とコストが縮減されます
  • 2011/06/06
  • 1. 東日本大震災において「コロンブス工法」実施建物には「天井の落下事故」はありませんでした。
    大規模空間を持つ建物の天井の崩落対策について、ご検討のご相談をお受けいたします。
    2. 5月24日「お知らせ」しました、「地盤置換工法の蓄熱効果と地盤利用に関する研究」の成果 として「暖冷房費を大幅に削減」することが証明できました。
    3. 東日本大震災において、「液状化対策」を行ったコロンブス工法の建物に事故はありませんでした。
    液状化対策のご相談をお受けいたします。
    対象 : 建物、浄化槽、マンホール
  • 2011/05/24
  • 1.(地独)北海道立総合研究機構北方建築総合研究所との共同研究テーマ「地盤置換工法の蓄熱効果と地熱利用に関する研究」の発表が、5月18日大雪クリスタルホール(旭川市)にて行われました。
    2.東日本大震災で沈下障害(液状化を含む)が発生した建物の修復工事のお見積りを、現在宮城県内に限定し、有料でご相談を承っております。
    主な工法は、液状化対策工法を応用した軽量材を用いるジャッキアップ工法です。
    お見積金額および内容はこちらのPDFを参照してください。
    3.3月11日のマグニチュード9.0、3月16日のマグニチュード6.4の地震を、静岡県沼津市内においてコロンブス工法とマゼラン工法を採用、実施した在来軸組造、3階の建物で観測(地盤、1階床、3階床を同時に)できました。地盤免震と制振効果が示されております。
  • 2011/05/16
  • 1.東日本大震災で鉄骨造の建物に損傷(二次部材を含む)があった建物ならびに揺れ対策を検討している「鉄骨用マゼランを用いる対策」について、建築構造事務所様のご相談を承ります。
    2.東日本大震災で木造住宅の建物に不同沈下障害が発生した建物で「荷重軽減による圧密沈下量調整を行う修復方法」をご検討されている建築設計事務所様のご相談を承ります。
    3.冷房負荷ならびに暖房負荷を次世代省エネ基準に比べ、大幅に低減する木造建物、鉄骨造建物、RC造建物の建築設計をご検討中の設計事務所様、建築会社様のご相談を承ります。
  • 2011/05/10
  • 「木の家・耐震技術」倒壊判定を受け、コロンブス工法で改修した宮城県南郷町の築130年の建物は、今回の東日本大震災において被害がありませんでした。
    → 詳しくはこちらのPDFをご確認ください。
  • 2011/04/20
  • 今回の東日本大震災において、4月13日までの中村物産(有)が開発した「コロンブス工法」、「マゼラン工法」、「コンパス接合金具」、「家具転倒防止器具『たおさんぞう』」等が、大地震に対して効果があったことを報告いたします。
    1.「コロンブス工法」
      被災地の施工実績、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県の施工実績452物件からは、基礎躯体構造に損傷の報告はありません。
     関係した設計事務所様、施工業者様からは性能の高さが報告されております。
     → コロンブス実績リストはこちら
    2.「マゼラン工法」
     木造用 : 構造部材に損傷がなかった報告を受けております。
     鉄骨用 : 制振性能、復元性能効果による揺れの低減が報告されております。
    3.「コンパス接合金具」
     施工数は少ないのですが、構造材に損傷はありません。
    4.「たおさんぞう」
      いろいろなタイプの商品をテスト的に取り付けておりました。
      仙台市内において、どのタイプも家具の転倒はもとより、家具のズレもありませんでした。
     5.新たな商品
      断熱ボード「コロンブス」を被災地区優先に販売いたします。
      商品は寸法 1,000×1,000×t50 のビーズ法ポリスチレンフォーム保温板です。
      熱伝導率の品質性能試験を財団法人建材試験センターにおいて行っていただいた結果、0.0342W/mKとの報告を受けました。
      → 品質性能試験報告書はこちら
      販売は(株)ピーエルジーと(株)カンキョーデザインが行います。